Legacy Code Meetup Kagoshima 2019

2019/6/1 (土) 13:00 より鹿児島市内にて開催!

エンジニアの皆さん、レガシーコードに苦しんでいませんか? 苦しんでいるのは自分たちだけと思っていませんか?

もちろんそんなことはありません。むしろ苦しんでいない方がめずらしいです!

レガシーコードへの苦しみや対策方法をたくさんの方々と交換しあうために、レガシーコードをテーマにした勉強会の開催を決めました。

当日は東京より豪華な講師をお呼びしております。

レガシーコードで苦しんでいるエンジニアの皆さん! ぜひご参加ください!

スピーカー

柴田 芳樹 (しばた よしき)

株式会社メルペイ

 

1959年生まれ。九州工業大学情報工学科で情報工学を学び、1984年同大学大学院で情報工学修士課程を修了。パロアルト研究所を含む米国ゼロックス社での5年間のソフトウェア開発も含め、Unix(Solaris/Linux)、C、Mesa、C++、 Java、Goなどを用いたさまざまなソフトウェア開発に従事してきた。現在もメルペイ社でソフトウェア開発に従事し、個人的な活動として技術教育やコンサルテーションなどを行っている。2000年以降、私的な時間に技術書の翻訳や講演なども多く行っている。

増田 亨 (ますだ とおる)

ギルドワークス株式会社

取締役

業務アプリケーションのアーキテクト。ビジネスの関心事を正しく理解し、顧客に価値あるソフトウェアを届けるために、日々「ドメイン駆動設計」を実践しています。 全体と部分、短期と長期、論理と感覚、理論と実践。それぞれの視点をバランスよく組み合わせることを大切にしています。

得意分野

  • ドメイン駆動設計
  • 型指向のプログラミング

- 著書:「現場で役立つシステム設計の原則」

西村 宗晃 (にしむねあ)

株式会社リクルートテクノロジーズ

プラットフォームセキュリティグループマネジャー

国内携帯電話メーカーにおけるセキュリティコンサルタントなどを経て、2016年より現職。リクルートグループにおけるセキュリティ事故の未然防止に取り組む。趣味はブラウザの脆弱性を探すこと。著書にブラウザハック(監訳)。主な講演歴に、CODE BLUE 2017、PacSec 2016、Internet Week 2016。

申し込み

2019/5/1 (水) 12:00 より申し込み開始!

プログラム

12:30 -

開場・受付開始

13:00 - 13:15

開会のあいさつ

吉永 満太朗

13:15 - 14:00

私が取り組んだレガシーコード改善

柴田 芳樹

株式会社メルペイ

継続的インテグレーションが行われていなかったレガシーシステムに対して、継続的インテグレーションの導入を行い、開発環境を整備した話をします。

14:10 - 14:55

永続性のあるセキュリティの実現に向けて、私たちができること

西村 宗晃

株式会社リクルートテクノロジーズ プラットフォームセキュリティグループマネジャー

システム開発や運用保守が続く中、セキュリティ保守もまた、一過性の取り組みではなく、永続的に持続可能であることが求められます。高度な専門性を要求されるサイバーセキュリティの分野において、個々の専門性のみに頼らず、永続的に維持可能な仕組みを作るには、一体どのようにすれば良いのでしょうか?、話者がこれまでに行ってきた脆弱性対策における取り組みを中心に、いくつかの事例を紹介します。

15:05 - 15:50

レガシーの複雑さに立ち向かう ~ドメイン駆動設計のアプローチ

増田 亨

ギルドワークス株式会社 取締役

変更がやっかいで危険になったレガシーシステムに立ち向かうための、ドメイン駆動設計の考え方とやり方を、実践経験を踏まえて紹介します。

16:00 - 16:40

調整中

16:40 - 17:00

LT 枠

17:00 - 17:10

終了のあいさつ

吉永 満太朗

17:10 - 19:00

懇親会 (無料)

会場

〒891-0141 鹿児島県鹿児島市 谷山中央2丁目4173

学校法人鹿児島キャリアデザイン専門学校 2号館1F 多目的ホール

Google Mapで表示

会場へのお問い合わせはご遠慮ください

会場協力

スポンサー